大卒新入社員の3割が3年以内に退職すると言うけれど・・・

160203
長く大卒入社の3割が3年以内に退職していると言われて久しいですが、
中卒、高卒、短大卒と比較すると次のようになります。

■中学卒:64.1%
■高校卒:39.3%
■短大等卒:41.5%
■大学卒:31.8%
※平成27年3月卒(厚生省調べ)

何と、実は大卒が一番離職率が低いのですが、これは大卒の就活の特徴である
「自主応募」が挙げられ、自分の意思で企業選択し、応募、選考、内定承諾している
為と考えられます。また、ベンチャー企業などでは、早々に主要な役職に就き、
活躍している為かもしれませんね。

尚、平成8年3月卒の大卒の離職率は33.6%で、
以降は、平成16年3月卒の36.6%を境に昨今は改善傾向となっています。

とは言え、正直なところ不要な社員であれば、早々に辞めて頂きたいというのが企業の
本音でしょうから、優秀社員の退職でなければ、むしろ歓迎というところでしょう。

しかしながら、退職理由が「当初の話しと違う!聞いていなかった!」と言うことであれば、
会社説明会、面談、先輩との交流会、入社案内パンフ、採用ページ・・・
これらの双方の情報交換の場で、明かな情報の未開示等があったとも考えられ、
採用手法を含めた採用戦略の練り直しが必要に思います。

株式会社採用設計