Gスタイラス社運営「逆求人フェスティバル」見学アテンド

去る8月6日(日)に都内の両国で開催されました、Gスタイラス社主催の「逆求人フェスティバル」の

イベント見学のアテンドに行ってきましたので、その模様をご紹介したいと思います。

 

アテンドさせていただいたのは某大手派遣企業様で、既に数年前より、リクナビ、マイナビといった

就職サイト以外にもマッチングイベントを利用されておられ、イベントの採用効果も実感させれて

おられるようでしたが、今回は「新たなイベントの開拓」を念頭に見学にお越しいただきました。

 

このように昨今の売手市場を背景に、マッチングイベントのご利用を検討される企業様が増えており、

当社でもしばしばお問い合わせをいただいておりますが、当社では必ずお客様ニーズと

採用の状態をヒアリングさせていただいた後に、お勧めのイベントをご紹介し、実際のイベントを

ご見学していただくようお声がけさせていただいております。

 

世の中的に効果があるとは言え、直接学生と対峙するのが苦手な人事の方もおられますし、

このようなイベントに出向いてくるような学生さんですので、良い意味で口達者な方が多く、

ある程度の対応力のある人事の方で無いと、場の雰囲気に飲まれてしまう可能性があるからです。

 

また、当日参加されて初めて見る、聞くではイベントを最大限に利用することはできませんので、

やはり事前の下見、見学は必須と当社では考えております。

 

さて、イベントの中身、様子ですが、実は学生も人事もそれぞれ半数以上の方が、

カジュアルな服装で、和気あいあい、楽しそうに会話されておられたのが印象的で、

20分の面談時間中にも笑い声が溢れておりました。

 

「面談」と言いますと、「企業が学生を判断する場」と定義されそうですが、

実は、双方が対等の立場であり、「理解しあう場」と認識することが重要で、

特にこのイベントは、珍しい1対1の面談形式を取っているため、より深い理解、

関係構築ができるといった訳です。

 

尚、1開催あたりのイベント料金は、40~60万円と他のイベントと比較しますと、高価な部類に

入りますが、その後の企業訪問率、内定出し、内定承諾率は他よりも高い水準を誇りますので、

就職サイトに追加、もしくは変わる一手として、十分検討の余地のある採用手法と言えます。

 


 下記のようにイベントは進行されます。

a203dc8879f909f5bea265b4e31c83b1
午前中の「企業ガイダンス」の様子です。この日は約15社から平均2名の人事の方が参加されておられました。半数以上の方が、カジュアルな服装で学生に親近感を与える狙いがあるようです。
dc26b1f7cb38d82d05c2a00f6e4deb3d
企業ガイダンスが終わると、学生との「顔合わせタイム」です。開催数日前に入手できる参加学生プロフィールと実際に会った印象を照合して、面談希望学生の最終確認を行います。
6058aa1be4505a767f1f25bf3b4cb807
学生との顔合わせが終わると、システム上で「面談希望学生の申請」が行えます。1開催あたり人事2名の参加で、16名の学生面談が可能になります。尚、人事の参加人数でイベント出展料が変わります。
b9369b87d718d689e620506cd54c218c
お昼休憩を挟み、「面談タイム」となります。1学生あたり20~30分の面談となり、これを8ターム繰り返します。パワポ、紙芝居、写真・・・等、学生の自己紹介の多様性がこのイベントの特徴です。

 

是非、就職サイトにプラスした採用手法として一考されては如何でしょうか?

 

 

株式会社採用設計