2015、2016、2017、2018卒採用の変遷(ニッチ業界様の記録 その2)

今回は前回記事の第2段として、同じく某企業様の2017、2018卒採用をご紹介したいと思います。

 

前回記事、2015、2016卒採用は(こちらをクリック

 

 

【2017卒採用】当社支援内容採用アウトソーシング+マッチングイベント

※マイナビ直販より:マイナビ2017+建築・土木学生3000名に入社案内送付+マイナビEXPO

 

前年度に出展した●●地域の企業合同説明会の結果を元に、業界に興味のある学生との早期接触が

必要との見解から3月上旬に開催されるマイナビEXPO(企業合同説明会の巨大版@東京ビッグサイト)の

建築・土木ブースにご出展し、更に、同業界に興味を持つ学生3000名に入社案内を送付するサービス

をご利用になられました。尚、後者サービスは、当社のような代理店からの販売は出来ないことから

当社からではなく、マイナビ2017掲載+EXPOも含めマイナビ直販より直接ご購入されました。

 

結論から申し上げますと、EXPOでは約40名の個人データを収集し、そこから3名の学生が会社説明会参加

(40名から3名という数値は決して高いとは言えず、当日の内容方法やその後の誘導に課題が残りました)。

また、入社案内送付からは1名のみの会社説明会参加となり、どちらも採用には至りませんでした。

 

上記を背景に、裏方に徹していた当社に急遽支援依頼があり、前年度参加した学内セミナーの再出展に

ついてご相談がありましたが、生憎出展する事ができず、代わりにマッチングイベントのご出展を

ご提案させていただき、年始という最終のタイミングでしたが、2回参画で2名を採用されました。

 

 

【2018卒採用】当社支援内容:リクナビ2018掲載+マッチングイベント+会社PR動画制作

 

前年度の総括を行った際に、就職サイトからのエントリーは3月の早期はそこそこ期待できるものの、

4月にもなるとほとんど学生の動きが無くなることが判明しました。また、早期の企業合同説明会では

学生の情報収集に利用されることが多く、採用に直結させるのが難しいことも分りましたので、

2018卒採用では直接対話ができるマッチングイベントを軸に採用計画を組み立てることとなりました。

 

過去3年間において、就職サイトへの掲載を軸に、地域開催の企業合同説明会、巨大合説EXPOの

出展と推移してきましたが、飛び道具としては、前年度のマッチングイベントの効果が一番でした。

そこで一層の効果を出す為に、イベント時の企業PRタイムで上映する動画ビデオを作成しました。

制作費は約50万円ですが、企業イメージの醸成、他社差別化と言う意味ではCPは上々です。

 

現在7月中旬ですが、先日上記イベントからの内定承諾者を確保し、採用も順調に推移しており、

10月の内定式までに予定人数を確保できるようお客様と日々連絡を取り合っている段階です。

 

 

当社の支援形態は、このようにトライ&エラーを繰り返しながら、お客様の採用事情に即した商材、

採用手法を一緒に見つけていくイメージです。大企業の採用のように最初からホームランが

打てれば良いのですが、中小・ベンチャー企業の現状は、アウトになりながらも経験値を高め、

コツコツとヒットを積み重ねていくしかないのです。

 

企業規模、業界、代表、スタッフ、予算、時期・・・どれをとっても同じ条件の企業はありません。

当社は支援事例の多い支援会社として今後もお客様の新卒採用をサポートして参ります。

 

 

株式会社採用設計