6月1日選考開始!これを真に受けると就活に乗り遅れる!

20170222j-10-w430

倫理憲章の改訂があり、それまでの選考開始が(実際は大手企業の内定通知開始)、2016卒採用時のそれまでの8月から、2017卒採用から6月となりました。


とは言え実際は、3月の広報開始直後から「会社説明会」がスタートし、3月下旬には自然発生的に「選考」が行われる訳ですが、大学側が学業に支障をきたすとし、経団連が組合企業を対象に6月から選考スタートと自主的にルール化したのが倫理憲章です。


ですからこの6月の選考スタートを謳っているのは経団連に属する1,500社程度であり、その他多くの企業は3月下旬から選考を行っているのが実状です。


因みに、リクナビ、もしくはマイナビに掲載している企業は、それぞれ約20,000社あり、ダブり掲載も含めますと約30,000社が新卒採用を公募していると考えられます。


すると単純に割り算をすると、5%の企業だけが6月選考となります。(1社あたりの採用人数が多いので採用人数でみれば、10%~位になりますでしょうか)


就活生は、この現状を知らずとも3月に中小企業の会社説明会に参加すれば、自動的に翌週には選考に誘導されるので、多くの学生がこの時点で気付くわけですが、のんびりした学生は全ての会社が6月選考と勘違いし、就活に乗り遅れる原因となっています。


テレビのニュースでは、何故か経団連の取り決めとなる、6月選考開始としか紹介されませんが、就活生の皆さん、プラスして新卒採用初年度の企業様、人事様はこの実状を是非ご周知下さい。



株式会社採用設計