代表ブログ

2016年10月21日|カテゴリー「当社について
代表の嶋田です。

今回が記念すべき第一回目のブログです。

新卒採用に関係する、企業、学生、そして希に大学就職課の方々に
役立つネタを提供していきたいと思います。


因みに今回は、社名を「(株)採用設計」にした背景をご紹介します。

その前に、実は私、メモ書きが大好きです(笑)

印刷に失敗したA4用紙を大量にクリップ止めし、
それをマーカーと一緒に自宅と会社に置いています。

いつ何時に良いアイデアが浮かぶか分かりませんからね。

と言うわけで、起業を決意し、社名を考える際も、候補となる言葉を漢字、
カタカナ、英語、更にはイタリア語、ポルトガル語に至るまで、
びっちりメモ紙に書き出すことから始めました。

そこから、言葉を掛け合わせる訳ですが、ネット検索すると
既に使われていたり、私の感性や性格、身の丈に合わなかったりと、
なかなかしっくりくる社名が浮かびませんでした。

また、運悪く起業のタイミングが提案時期と重なっており、
且つ、そもそも起業のタイミングですから、銀行や役所への届けもあり、
企業名の検討だけに多くの時間を割くわけにもいきません。

となると、人間とは不思議な物で原点回帰したくなる性分なのでしょうか、
変化球ではなく直球勝負、いわゆる「漢字」表記に行き着きました。

すると間もなく、起業の地、東池袋には無印良品の本社があることを思い出し、
(株)良品計画さんをベースに、「(株)採用計画」を考えました。

「無印良品のように、派手さは無いが、品質に拘っている」

こんな思いもあり、当時は(株)採用計画でほぼ決定状態でした。

ところが、数日が経過し、当時翌日にも登記をお願いした司法書士さんに
社名を報告するタイミングで、何気なく口ずさむと数回に一度の割合で、
「(株)採用設計」が浮かんでは消えて・・・を繰り返すではありませんか。

こんな状態で報告当日に迎え、「(株)採用計画、(株)採用設計」を
何度も口ずさみ、紙に書いたりを繰り返している時、これもまた原点回帰
なのでしょうか?幼少期委の夢がフワ~と頭に浮かんできました。

父が設計士だったこともあり、幼少期の夢は「建築設計士」です。

となるとその夢も実現でき、且つ、私が得意とするお客様への
採用プランの設計提案!・・・とくれば迷うことはありません。

誰にも相談することなく(ドメイン取得の為、今もお世話になっている
HP制作会社の伊藤さんには相談しましたが)、(株)採用設計を選びました。

お客様に「嶋田さんらしい」と言われる度に、正直良い意味なのかどうか
未だに不安になりますが、私個人は非常にしっくり来ています。

電話の際も、「何屋さんが直ぐ分かる」と言う点では非常に楽です。

ただ社員募集の際、「昭和っぽい」とか「堅そう」と思われてしまいそうで、
ここだけが不安ですが・・・(笑)

長くなりましたが、会社の数だけある社名があり、
その時の設立者の思いが詰まっています。

社名を通じてその会社の社長の思いや拘りを垣間見ることができるので
学生さんには社名の由来を調べることをお勧めします。


では、株式会社採用設計を末永くどうぞ宜しくお願い致します。

平成28年10月21日会社設立

株式会社採用設計 
代表取締役社長 嶋田 賢司